新卒で営業になって2年で辞めた私、その決断は正しかったと思うか。

こんにちは、kurakeです。

 

私が営業として働いていた頃の話です。

「営業の仕事、めちゃくちゃ辞めたいけど世間は3年は続けろって言うしな〜…

実際辞めたらうまくいく保証なんかないし。どうしよ…」

と毎日毎日禿げそうになるほど悩んでいました。

 

だけどやっぱり辞める勇気がでなくて、

「私じゃない他の誰か!会社を早い段階で辞めてみて、その後どう思ったかおしえてよ!それを見て私は今の仕事をやめるかどうか判断するからさ…」

なんていうことも思っていました笑

 

そして、今私はその「会社を早い段階で辞めてみた人」の側になりました。

という事で、今回は新卒で入った会社を2年で辞めた結果、どう感じたかということを書きます。

営業の仕事を辞めようか3年続けようか迷っている人は読んでみてください。

 

この先、営業に関するマイナスな話が出てきますが、営業と一口に言ってもそれぞれの会社の教育方針、直属の上司の教育、社風によっては異なるところもあると思います。

あくまでも一個人の情報だということで呼んでくださいね☝

営業辞めたこと、全く後悔していないよ☆

正直言って「もっと早く辞めてしまえばよかったぁ…」と思うくらい、辞めてよかっです。

理由がいくつかあるので、順番に説明していきます。

1.営業とは無関係の仕事に就いたから

これは単純な理由で、”嫌いな営業の仕事をしなくてよくなったから嬉しい☺❤”ということです。

大嫌いだった営業の仕事から離れ、お客さんとも会うことがなくなり、休日に携帯電話が鳴ることもなくなり、終業後の外出を強いられることもなくなり、最高でした。

内勤の仕事に変わったために、1日中会社の人と一緒に同じ部屋にいなきゃいけないのは辛かったけど、まるで戦地に赴くかのようにモンスタークレーマーにアポを取っていた日々に比べれば問題ありませんでした。

2.転職先がすぐ見つかったから

「もしも、次の仕事がみつからなかったら…?」

みんなここが不安で、いやでもズルズルと営業を続けてしまうのだと思う…

でもな、田舎じゃなければ、20代なら、仕事は見つかると思うんです。

もちろん景気にも左右されるとは思うけど、少子化は始まっているのだ…

実際まだ半人前のような私でも、それなりに引き合いはありました。

 

転職をする際に私が受けた職種はざっくり分けて以下の3種類。

1:専門学校で勉強したWEB関連の職種

2:全く勉強していない技術職(IT系)

3:全く経験したことのないマーケティング職

 

1はまあまあ引き合いがありました。というか次の仕事がすぐに決まりました。

2はそもそも適性検査で全部落ちましたw

 

そして注目すべくは3!

女性向けの健康食品の会社や、アパレル企業なども受けましたが、普通に書類選考が通りました

しかも「営業職」の募集でないのに、です。

 

もちろん面接官は「若いから呼びました」なんて差別発言はしないけど、でもそれらの仕事には学んだWEBも関係ないし、その職種は未経験なのに呼ばれたってことは、若さもあるのかなって…。

逆を言えば「若くないとやっていけない過酷な職場」という可能性も無きにしも非ずですがね。

実際面接に進んだうち1つの会社は相当なブラックだったようです;

3.今後の未来に活かせるスキルがついたから

営業職を2年間やって身についたことってなんだったんだろう。

営業という仕事のの基本の流れから、対企業の日本式ビジネスマナー、見積もりや請求書の作り方、社内の技術職への媚の売り方など…??

 

私が女性である以上、今後の人生で出産・育児を経験しない可能性は否定できません。

そして

窓口で物を売るタイプの営業とか完全出来高制とかではない、”普通に企業に属している営業さん”って子供を育てるとなるとブランクができてキャリアが断絶されることの方が多いですよね。

となると、営業のスキルって女性である以上あまり使えないような…?

 

転職先で身につけたスキルや経験は今後、出産をしようが育児をしようが病気になって出勤できなくなろうが、仕事にできるようなものでした。

つまり、在宅勤務が可能なスキルだったということです。

 

一方、営業のスキルは高確率で在宅勤務で使うことって難しいですよね…。

実際に2社目は退職していますが、その時のスキルは今でも役に立っています。

営業のスキルは…なかなか使う機会がないですね…!

勤め先のランクが落ちることは覚悟したほうがいい

1つ気にすることがあるとすれば、勤め先のランクは下がる可能性があるということです。

まあでも私が面接に進んだり、受かったりした会社は必ずしも零細企業ばっかりではなかったけどね。

ただ、「今大企業にいるなら心の準備しとこう」的なことが言いたいだけです。

 

以上、私が営業職の仕事を辞めてよかったと思った3つの理由です。

まあ何が言いたいかっていうと、「仕事なら意外にあるから、早めに辞めて次のキャリアを作った方が時間も精神力も無駄にならない」ということです‼

※もう一回言うと田舎はないかも

転職活動は在職中でも始めることはできるので、今の大切な時間を無駄にしないでくださいね。

 

 

 

●私が転職を成功させた転職サイト
女性のための正社員転職サイト【女の転職@type】

●20代専門の転職コンサル
ウズキャリ

●スキルをつけて今の職種から抜け出そう
Geek Jobキャンプ社会人転職コース(プログラマー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です